【剣道】竹刀検量のチェック項目一覧!

f:id:Psuke222:20190609133413j:image

はじめに

こんにちは、YUMAです!

 

剣道の大きな大会だと必ずあるのが、竹刀の検量。

 

今回は、竹刀検量でのチェック項目をまとめたいと思います。これを全て守れば、不合格になることは100%ありません。

 

1.ささくれや割れがないか

一番重要な項目です。

 

ささくれや割れがないか、しっかりと確認しましょう。ちょっとしたささくれなら、竹刀削りやヤスリを使って治しましょう。

 

2.長さ、重量が基準を満たしているか

竹刀が長すぎたり、軽すぎると不合格になります。詳しい長さや重量の基準は下記の記事を参照ください。年齢、男女別に分けて記載してあります。

【剣道】竹刀のサイズ(長さと重さ)の規定を解説! - YUMA OFFICIAL BLOG

 

 

3.先革の太さが基準を満たしているか

先革には太さの基準があります。

 

基準は以下の通りです。

 

  • 男子36以下
  • 女子37以下

直径24mm以上

 

  • 男子37
  • 女子38、39

直径25mm以上

 

  • 男子38、39

直径26mm以上

 

これは竹刀ゲージと呼ばれる器具で測定されます。武道具屋さんに売ってるので、部や道場で持っておくと簡単にチェックできます。

 

4.先革の長さが基準を満たしているか

先革の長さは50mm以上と決まっています。確認しましょう。

 

5.中結いが緩くないか

中結い(竹刀の中程で縛ってあるもの)が緩いと不合格になります。

 

ここで不合格になることが結構多いので、割ときつめに縛っておくと安心です。

 

6.中結いの位置は適切か

中結いの正しい位置は、剣先から全長の約4分の1のところです。確認しましょう。

 

7.弦が緩くないか

これも良く不合格になる項目です。

なるべくきつめにしましょう

 

8.柄が緩くないか

柄が曲がっていたり、簡単に回ってしまわないか確認しましょう。

 

おわりに

竹刀検量は結構厳しいので、しっかりと準備していきましょう!

 

あと、名前を書いていないひとはは絶対書いていったほうが良いです。無くしたりしたときに、名前がないと帰ってこないですからね。

竹刀の名前の書き方は、こちらの記事をどうぞ。

【剣道】竹刀の名前はどこに書く?書き方を教えます。 - YUMA OFFICIAL BLOG

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!