剣道で打突が痛いときの対処法とは?

f:id:Psuke222:20190327230817j:image

はじめに

こんにちは、YUMAです!

僕は小学1年生から剣道を始め、現在剣道歴15年で四段持ちです。

 

剣道の稽古中に相手の打突が痛いこと、よくありますよね?

 

今回は、そんなときの対処法をご紹介します。

 

相手の面の打突が痛い場合の対処法は、

 

少し上を向いて面金に当たるようにする

 

です。

 

上を向きすぎると不自然かつ相手の竹刀を痛めてしまうので気をつけましょう。

 

小手

小手が痛い場合の対処法は面より難しくなります。

 

その対処法は、

 

腕をあまり開かずに鍔に当たるようにする

 

です。

 

ちょっと姑息な手かもしれませんが、痛いのなら仕方がないです。

 

それでも痛いときは

それでも痛かったら、小手の下につけるサポーターを買いましょう。

 

衝撃を吸収してくれるので、ほとんど痛く無くなります。

 

本当は直してもらうのが一番

痛い打突の一番の解決方法は、本人に言って直してもらうことです。

 

これで本人は剣道が上達し、他の人は痛みから解放されるので一石二鳥です。

 

まとめ

なるべく本人に直してもらい、どうしようもないときは上記の対処法を使いましょう。

 

僕はinstagram、YouTube、Twitterもやっています。詳しくはこちらへ↓