【剣道】応じ技の種類と一覧まとめ!

f:id:Psuke222:20190604072947j:image

はじめに

こんにちは、YUMAです!

 

剣道には、応じ技というとても大事な技があります。

 

応じ技とは、相手の打突を返して打突する技です。つまり、相手の技を返すということです。

 

応じ技は「後の先」の技なので、相手を上手く誘い出す技術が必要になってきます。

 

強くなるためには必須と言っていいこの応じ技。今回は、その応じ技の種類を全て紹介します。

 

1.すり上げ技

すり上げ技は、相手の打突を竹刀の鎬(横の部分)ですり上げ、そのままの軌道で振りかぶり、打突する技です。

 

表(自分の竹刀が右にある状態)ですり上げる場合と、裏(自分の竹刀が左にある状態)ですり上げる場合があります。

 

例として、面すり上げ面(表裏)小手すり上げ面(裏)があります。

 

2.返し技

返し技は、相手の打突を竹刀で受けて返し、打突する技です。

 

手首を返して打突するので、手首のスナップがとても重要になります。遅いと相手に避けられます。

 

例として、面返し胴小手返し面があります。どちらも試合でとても良く決まる技なので、是非練習しましょう。

 

3.抜き技

抜き技は、相手の打突を竹刀を振りかぶったり、体さばきをしてかわし、できた隙に打突する技です。

 

上手く抜くことができると、相手は完全に無防備な状態になるので、一本を取りやすい技でもあります。

 

例として、小手抜き面面抜き胴面抜き面があります。

 

4.出ばな技

出ばな技は、相手が打突しようとした瞬間に、先を取って打突する技です。

 

相手が動き始める瞬間に打突する必要があるので、上手く誘い出す技術が必要になります。

ただ待っているとほぼ失敗します。

 

例として、出ばな小手出ばな面があります。どちらも試合でとても良く決まる技です。

 

5.打ち落とし技

打ち落とし技は、相手の打突を竹刀で打ち落とし、できた隙を打突する技です。

 

正直、試合で打ち落とし技を用いる機会はあまりないです。

 

しかし、打ち落とし技の一種類として、相小手面という技があります。

 

相小手面は、相手の小手打ちと同時に小手を打ち(打ち落とし)、その後すぐさま面を打突する技です。

試合でとても良く決まる技なので、是非練習しましょう。

 

まとめ

実際の試合になると、様々な形の応じ技が生まれるので、名前がないような技が決まることも良くあります。

 

しかし、今回例にあげた技はどれも試合でとても良く決まる技なので、マスターすれば勝率はぐんと上がること間違い無しです。

 

まずは、一つでも得意な応じ技を身につけ、そこからバリエーションを増やしていきましょう!

 

関連記事

中学から剣道を始めても大丈夫な理由。取得可能な段位や剣道のメリットも解説! - YUMA OFFICIAL BLOG

【剣道】中学生、高校生は引き技で最強になる。コツも教えます。 - YUMA OFFICIAL BLOG

剣道の段位は何段からすごい?経験者が解説します。 - YUMA OFFICIAL BLOG